かながしらの一夜干し(開き)

「かながしら」は新潟県ではポピュラーな魚です。
色、カタチは「ホウボウ」にそっくりで、味も微妙に違いますが、矢張り似ています。

「かながしら」は昔、子供を産んだ女性がお乳の出が良くなる様にと、よく食べさせたそうです。

かながしらの一夜干し(開き)
かながしらの一夜干し(開き)

かながしらは、味噌汁の具として、フライ、唐揚げ、塩焼きに そして刺身で食べても美味しい魚です。

当店ではこの「かながしら」を頭を落として開き、または丸ままで、醤油味醂ベースのタレに漬け込んだ後天日で干し上げます。
もともと白身で淡白でクセのない味ですので食べ易いお魚です。

Posted from するぷろ for iOS.

ひとことコメントをお願いします( ^ω^ )